NPO法人子どもの森づくり推進ネットワーク

JP子どもの森づくり運動

『子どもにとって、「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではない』
(レイチェル・カーソン「センス・オブ・ワンダー」より)

今、子どもたちは、高度なデジタル社会の中でバーチャルな環境に取り囲まれ、本物の自然体験から遠ざけられています。しかしながら、子どもたちは、幼児(少)期の五感に訴求する多様な自然の体験活動の中でこそ、一生の基盤となる豊かな感性と健全な環境意識を育みます。

「JP子どもの森づくり運動」は、保育園・幼稚園・こども園を拠点に、継続的な「森づくり活動」を通じて、幼児(少)期の子どもたちに自然と環境の体験を提供し、子ども本来の「生きる力」と「環境の心」を育むことを目指す全国運動です。

活動は2008年から始まり、2020年、12年目を迎えました。
JP子どもの森づくり運動の活動としての特徴は、以下の三つです。
komori_boshu_a3_2016_06_naka_0628_ol

JP子どもの森づくり運動の主な活動は、以下の内容です。

komori_boshu_a3_2016_06_naka_0628_ol

わたしたちは、小さな子どもたちを取り巻く現状を想うとき、このような取組みこそ今もっとも社会的意義ある取組みと考え、皆様とともに大きく広げたいと願っております。ご共感いただけると幸いです。

■参加園数:133園(2020年9月現在)⇒参加園リスト

■企画・運営:NPO法人子どもの森づくり推進ネットワーク(通称:子森ネット

■特別協賛:日本郵政グループ

日本郵政グループ サステナビリティレポート

■活動報告

2020年活動報告

■10周年記念誌(ダイジェスト版)

■活動評価

環境アワード評価リスト(2020年1月現在)

 

 

 

LINEスタンプページへGO!!

Links