NPO法人子どもの森づくり推進ネットワーク
前の記事 | 次の記事

「霊山三育認定こども園」東北復興グリーンウェイブ苗木のお披露目会

2017年6月24日(土)に福島県伊達市の「霊山三育認定こども園」(斎藤園長)において、東北復興グリーンウェイブの苗木のお披露目会が開催されました。今回の苗木は、同じ福島県の南会津にある「田島保育園」(渡部園長)の子どもたちから届けられた“どんぐり”を、昨年の11月に「霊山三育認定こども園」の子どもたちが、お父さん、お母さんと一緒にポットやプランターに植えたものです。

2016年11月に開催された“どんぐり”を植える会

 

「霊山三育認定こども園」の子どもたちは、原発事故の影響で、長く園外(自然)活動が規制されています。子どもたちに親しまれていた園庭の樹木も、除染活動としてすべて伐採されてしまいました。そこで、震災後5年目を期に、子どもたち自らが、園庭の植栽や森の再生に取組むこととなり、そこに植えられる“どんぐり”の種を南会津町の「田島保育園」の子どもたちが地元の森で拾い、提供することとなった次第です。

昨秋植えられた“どんぐり”は、今年の春、約60本の苗木が見事に発芽してくれました。

プランターには、“どんぐり”を届けてくれた「田島保育園」への御礼のメッセージカードが付けられていました。「田島保育園」の子どもたちと「霊山三育認定こども園」の子どもたちが、“どんぐり”の絆で結ばれました。

今回のお披露目会では、そんな苗木を保護者の方にお披露目することと同時に、苗木をもう少し大きく育てるために、もっと大きなポットに植え替える活動が行われました。当日は、年中、年長、合わせて約50名の子どもたちが、お父さん、お母さんに手伝ってもらいながら、発芽したばかりの苗木をポットに植え替えていました。

園長先生のごあいさつです。

 

お父さん、お母さんと一緒に植え替えました。

 

 

今回植え替えられた“どんぐり”の苗木は、子どもたちによってもう1年育てられ、来年の春に園庭に植えられます。楽しみですね。


コメントを残す

『♪どんぐりえがお』ビデオダンスコンテスト2017

  ビデオ映像募集期間:2017年7月~11月10日(金)

  審査結果発表:2017年12月

  詳細は、こちら

 LINEスタンプショップで”子どもの森づくり運動どんぐり”を検索!!