NPO法人子どもの森づくり推進ネットワーク
前の記事 | 次の記事

「東北復興グリーンウェイブ2019」in福島レポート

*活動の様子は、子森チャンネルでもご覧いただけます。


「東北復興グリーンウェイブ」2019年の福島での活動は、伊達市の「伊達こども園」(早田園長)での園庭への植樹活動です。伊達市は、震災の除染の影響で、附近の山などの樹木が切られ、その多くが失 われました。もっと子どもたちに自然の緑に接してほしいという園長先生の願 いから、園庭に“どんぐりの森”を作ることになり、「東北復興グリーンウェ イブ」が森づくりをお手伝いすることになりました。

開会式での早田園長先生のごあいさつです。“どんぐり”のバトンをつないでいただいた「霊山三育認定こども園」の斎藤園長先生、来年、バトンをつないでいただける予定の「ちゅうりっぷ保育園」の江川園長先生にもご列席いただきました。

伊達市の「伏黒郵便局」の坂下局長さんの応援メッセージです。

いよいよ植樹会です。今回“どんぐり”の苗木を植える「どんぐり山」の前に集まり、子森ネットの小沼森林森林インストラクターから苗木の植え方を説明してもらいました。今回は、年長児58人が植樹活動に参加しました。

今年は、まず6本の“どんぐり”の苗木を植えます。みんな6組に分かれて、一生懸命植えました。

伏黒郵便局 坂下局長さんもお手伝い。

苗木を植えてから水やりです。“どんぐり~ず“やゆうちょ銀行の安田さんも、園長先生のチームをお手伝いしました。

グリーンウェイブ大使の「ミス日本みどりの女神」藤本麗華さんも応援にかけつけてくれました。

植樹会が終わってから、苗木が大きくなることを願って“どんぐり~ず“と一緒に「♪どんぐりえがおダンス」を踊りました。

最後に記念撮影で植樹会を終了しました。

植樹活動が終わって、相変わらず“どんぐり~ず“は大人気です。「伊達こども園」での植樹会は、来年も開催予定です。来年、また会いましょう。


今回「伊達こども園」に届けられた6本の東北の“どんぐり”の苗木は、全国の子どもたちが種から苗木に育て、2014年に岩手県山田町にある植樹フィールド「かきの森」に植えられた苗木です。山田町の子どもたちや地域の人たちに見守られ、元気に育ってくれました。きっと、「伊達こども園」でも、子どもたちと一緒に大きく育ってくれるでしょう。“どんぐり”の木を育てる活動を通じて、山田町や全国の子どもたちと福島の子どもたちが、“どんぐり”の絆で結ばれました。


「東北復興グリーンウェイブ2019」岩手県での活動レポート 

岩手県での活動

  活動レポートは、日本郵政グループのホームページでもご覧いただけます。

 日本郵政グループホームページ




3 Comments

  1. 小沼より
    2019年6月12日

    楽しくよくできています。

  2. 冨永
    2019年6月14日

    福島までの活動、ありがとうございます。
    今後とも継続的に活動されることを御祈念申し上げます。

  3. 貴重な体験ありがとうございました
    2019年6月16日

    子森チャンネルを拝見しました。
    動画について、みどりの女神の紹介字幕(10分16秒付近)について、以下のとおり誤字かと思われるものがありましたのでご連絡します。
    【気に親しむ】→【木に親しむ】

コメントを残す

LINEスタンプショップで”子どもの森づくり運動どんぐり”を検索!!