NPO法人子どもの森づくり推進ネットワーク
前の記事 | 次の記事

JP子どもの森づくり運動 福島 田島保育園 植樹地を見守る活動

福島県の田島保育園のJP子どもの森づくり運動の素敵な活動レポートが届きました。

田島保育園では、地元のどんぐりを拾って、園で育てて、地元の山に植えてから3年が過ぎました。植えた苗木を見守り、次世代につながる活動に成長しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

JP子どもの森づくり運動

田島保育園 植樹地を見守る活動

~晩秋の森を体感しどんぐりなど森の秋を探して採取しよう~

Dsc02370

 

活動園 福島県南会津町「田島保育園」

日 時 2015年11月6日 13:30~

場 所 弁天山(2012年10月12日植樹実施場所)

園 児 年長児 20名

(活動内容)

園バスに乗って弁天山に出発です。雪深いこの地で、今日は貴重な秋晴れに恵まれました。すぐに訪れる冬を前に、お天気の神様から子どもたちへの最高のプレゼントに感謝しながら森に入りました。

Dsc02368

まずは数百年の歴史がある山神様の神社へおまいりして、今日の活動で、けが無く安全に過ごせるようお願いしました。

Dsc02359

Dsc02367

次に、3年前のお兄さんお姉さんたちが植樹した木にご挨拶です。3年前に20本ほど植樹した内、半分ちょっとの10数本確認できました。温暖な地域なら、木は3年で2m程度に生長しますが、ここは、積雪は1mを超え、1年を通して冷涼なところなので、大きくても50~60cm程度でした。でも、地域の方の森林整備のおかげもあって、厳しい自然の中でも、ゆっくりですが確実に生長している木々を、子どもたちは「すごいなー」と感心して見つめていました。

Dsc02372

 

Dsc02366

その後は、森の中の音を聴いたり色をさがしたりと森を体感しながら、どんぐりやいろんな形と色の葉っぱと木の実をさがして集めました。もちろんその間に森でしかできない色々な遊びを沢山して、天気がよすぎて汗もかいたけど、「やっぱり山って楽しいね」と感想を話し合いながら、帰りのバスへと向かいました。

Dsc02365

Dsc02375


コメントを残す