NPO法人子どもの森づくり推進ネットワーク
前の記事 | 次の記事

「東北復興グリーンウェイブ」岩手県山田町第5回植樹会レポート


「東北復興グリーンウェイブ」の5回目の植樹会が、今年も5月22日(火)のグリーンウェイブの日に岩手県山田町の豊間根地区にある苗畑で開催されました。全国の35園の保育園、幼稚園、こども園の子どもたちから届けられた、約150本の東北の“どんぐり”の苗木を、山田町の四つの保育所・保育園(山田町第一保育所、豊間根保育園、織笠保育園、船越保育園)子どもたち、約50名が苗畑に植えました。(主催:社会福祉法人三心会 共催:子森ネット 後援:山田町 特別協賛:日本郵政グループ)

山田町農林課 佐々木さん

苗木を送ってくれている全国の参加園を代表して、福岡県「若久青い鳥保育園」の岡村園長先生のごあいさつ

インストラクターの「どんぐり博士」から、苗木の植え方について教えてもらってから、いよいよ“どんぐり”を苗畑に植える活動です。豊間根の苗畑は、今年の冬に設営された、苗木を鹿やウサギ等動物の食害から守るフェンスに囲まれていますので、フェンスの入り口から順番に苗畑に入りました。

横一列に並んで、みんなで苗木を植えます。植樹会には、今年も、全国の参加園から園長先生が応援にかけつけてくれました。

滋賀県「崇徳保育園」谷口園長先生


千葉県「第二勝田保育園」丸山園長先生

上記でご紹介した方々以外にも、福井県「大野幼稚園」藤園長先生、宮古市「赤前保育園」小関園長先生、福岡県「若久青い鳥堀保育園」の川上農園長さん、山田町農林課の佐藤さん、そして活動にご協賛いただいております日本郵政グループの佐藤さんにもお手伝いいただきました。本当にありがとうございました。

植樹活動が終わって、「織笠保育園」湊園長先生から“おつかれさま”ごあいさつです。

最後にみんなで記念撮影を行って、苗畑での植樹会を終了しました。


植樹会終了後、今年も「新生やまだ商店街」に記念植樹が行われ、四つの保育園がそれぞれ1本づつ4本の苗木を植えました。

今年も、「新生やまだ商店街」の昆さんにお世話になりました。


*植樹会のレポートは、日本郵政グループのホームページでもご覧いただけます。 ⇒ 日本郵政グループホームページ


コメントを残す

『♪どんぐりえがお』ビデオダンスコンテスト2017

  ビデオ映像募集期間:2017年7月~11月10日(金)

  審査結果発表:2017年12月

  詳細は、こちら

 LINEスタンプショップで”子どもの森づくり運動どんぐり”を検索!!